インターネット料金の支払い方法について

クレジットカードがなくてもインターネット料金の支払いはできる?

「クレジットカードがないとインターネットが利用できない」というのは、もう昔の話。
今はクレジットカード以外の支払方法(口座振替、請求書による支払いなど)でも支払ができるプロバイダがほとんどです。ただし一部のプロバイダでは未だに口座振替、請求書による支払いが出来ない業者があります。

 

●クレジットカード支払のみの主要なプロバイダ
  ASAHIネット、hi-ho、BB.excite

 

しかしこれらのプロバイダも、プロバイダへ直接支払する手段はクレジットカードのみですが、
NTT東日本の『フレッツ光プロバイダパック』を利用することで口座振替、請求書による支払いも可能になります。なぜなら、NTT東日本から一括で請求されるようになるからです。

クレジットカードが無い人は、プロバイダパックを利用すると良いでしょう。

 

>> プロバイダパックの詳細はこちら

 

インターネット料金の支払方法はどんなものがある?

■支払い方法について

インターネットが普及し、ネットで通販できるようになりました。
欲しいものをより安く買い、探せばマイナー商品も購入できると言う利点で瞬く間に広がっていきました。

さて、インターネットで物を購入する際、クレジットカードがとても重要なツールとなってきます。
とはいっても、ネットショッピングのサイト毎に支払方法は違ってきます。
あるサイトではクレジットカードのみでも、他のサイトでは銀行振込ができたりします。

これと同じようにインターネットプロバイダの支払方法も、各業者によってまちまちです。
たまに、インターネットの利用料金の支払方法として「クレジットカードしか使えないの?」という疑問を耳にします。
確かに中にはクレジットカードしか使えない場合もありますが、他の支払方法も可能なプロバイダもあります。
また、利用料金の支払方法が複数の中から選べるところもあります。
基本的にクレジットカード、口座振替、請求書による支払い、回線事業者とのまるごと決済(NTT東日本、NTT西日本への合算請求)による支払いというパターンが多いです。

クレジットカードでお支払いの場合は普段の利用と同じく、原則として契約者本人でなければなりません。救済手段として家族名義のカードが使える場合もあります。
また、カードの会社によって使えないということもあるので気をつけてください。

口座振替の場合に留意する点が必要なのはプロバイダによって取り扱う金融機関が違うことです。
自分が普段使っている銀行が必ずしも振込先として使用できるわけではないので必ずご確認ください。

回線事業者まるごと決済とは、NTTといった回線事業者の利用料金を合算して支払うことです。
別々に支払う必要がないので手間が少なく便利です。

請求書によるお支払いとは、電気やガス、水道といった支払方法と一緒で直接ご自宅に郵送で届く請求書ので支払うことです。
その請求書をコンビニや窓口といった指定の場所へ持っていくことでお支払いが可能になります。

各プロバイダのご支払方法の詳細は直接ホームページで確認してください。
確認方法はプロバイダによっては違うのですが、サイトの方に「よくある質問」という項目があります。
その中にお支払方法が掲載されている場合がよくあります。

プロバイダ契約の後に支払方法でトラブルを起こさないよう事前に確認することが重要です。


■主要プロバイダの支払方法まとめ

主要なプロバイダのお支払方法についてまとめてみました。
クレジットカード支払のみのプロバイダ
ASAHIネット、hi-ho、BB.excite

その他支払方法が可能なプロバイダ
OCN、@nifty、BIGLOBE、WAKWAK、So-net、DTI、plala、YahooBB

インターネット料金の支払い方法についての関連記事

フレッツ光ネクスト(ファミリータイプ)の料金は?

プロバイダとは?