プロバイダとは?

インターネットサービスプロバイダ(ISP)について

■そもそもプロバイダとは?

言葉上の「プロバイダ」とは提供者という意味を持ちます。
何らかのサービスや商品を人々に提供している人たちは皆プロバイダになります。

しかし、ここで言うプロバイダとはインターネットサービスプロバイダ(ISP)のことを指します。
インターネットサービスプロバイダとは、電気通信事業者の一つです。
私たちがインターネットを使うには、インターネット環境までの回線を接続しなければなりません。
そのため、回線を設置してくれる回線事業者やインターネットの接続をサービスしている会社に
契約する必要があります。
これらの回線事業者やインターネットの接続サービスを提供している会社をプロバイダ会社といいます。
一般的にプロバイダという言葉はこのインターネットサービスプロバイダとして使われます。


■現在主流の回線

今、プロバイダが提供している主流の回線は
光ファイバ、ADSL、CATV、モバイル回線という4つのタイプがあります。
通信の質が良く、速度が速いほど、使用料金は高くなります。
また、モバイル回線は物理的な回線は使わないので携帯電話のように屋内だけでなく、
外出先でもインターネット通信ができます。

しかし、各プロバイダごとに扱っている回線はまちまちです。
また、オプションサービスや料金設定も同様に異なります。
大手のプロバイダに関してはオプションが豊富なところ程に料金が高く設定されている傾向があります。

プロバイダを選ぶ際は自分がインターネットでやりたい通信や方法に合わせると良いでしょう。
ただし、プロバイダごとに住んでいる地域によっては提供されるサービスが異なる場合もあります。
特に引越しをするときなどは以前に契約していたサービスを受けられないというトラブルも予想されます。
そのため、契約する前に注意しましょう。

各回線の主要な回線事業者とプロバイダ会社

各回線の主要な回線事業者とプロバイダ会社の簡単にまとてみました。

■光ファイバ

回線事業者 NTT KDDI など
プロバイダ OCN @nifty BIGLOBE WAKWAK So-net DTI plala BB.exceit YahooBB

■ADSL

回線事業者 NTT eAccess KDDI など
プロバイダ OCN @nifty BIGLOBE WAKWAK So-net DTI plala YahooBB

■モバイル回線

回線事業者・プロバイダ ともにUQ-WiMAX、イー・モバイルなど

■CATV

回線事業者・プロバイダ ともにJ:COMなどのケーブルテレビ事業者