無線LANについて

無線LANがという技術

■無線LANとは?

最近、よく無線LANという言葉を耳にするようになりました。
以前、データリンクという技術について紹介しましたがその技術の一つです。

データリンクをかい摘んで説明するとパソコンをインターネットにつなげるケーブルのことです。

今ではゲーム機、スマートフォン、テレビ、冷蔵庫などといった家電製品でもインターネットにつなげることができます。
今後もインターネットにつなげて使う道具は増えていくでしょう。

さて、もし、これらの全てに線をつなげなければならないとなったとき、ごちゃごちゃするとは思いませんか。
ましてやスマートフォンは持ち歩いて使うものです。
確実に線は絡まる上に、歩いている最中にどこかにひっかかりそうです。

それらを解決するのが無線LANです。
線が邪魔なら無線にすれば良いという発想のもとに生まれた技術というわけですね。

無線LANを使用するには無線ルータと無線子機が必要になります。
電話の本体と子機を想像して頂ければ良いと思います。
無線LANを使用する際は、無線ルータが飛ばしている電波を無線子機を使って拾いインターネットに接続しています。
無線子機はパソコンに内蔵していたり、購入したりして個別に用意しなければなりません。
ただし、その際に無線ルータが飛ばしている電波に対応させることが必須です。

ここで質問なのですが、Wifiという言葉を聞いた事はありませんか。
このWifiというものはとても便利な技術です。

先程、無線子機が無線ルータの電波を拾うにはそれに対応させなければならないと説明しました。
この無線の電波なのですが、さまざまなタイプが存在します。
有名なものでIEEE 802.11a/b/gというものがあります。
aならa、bならbと合わせることが必要です。

もう、正直この時点でめんどくさいです。

そこで、Wifiの登場です。
「Wifi対応しています」という表記がパッケージにあれば、いちいち電波対応を考える必要ありません。
Wifiに対応している無線ルータと子機を用意すれば使えますということです。

Wifiという規格が登場した経緯ですが、簡単に言えばみんなの足並みを揃えようというものです。
例えば、A社が出した無線ルータはA社に対応したものしか使えません。
こんな感じで各メーカーが自分の会社の製品しか使えないとなった場合、消費者は一々買い直さないといけないのでとても不便です。
※)一昔前のコンピュータ業界ではよく有った話でした
そういった状況を改善するために考案されました。

無線LANですが、今の理論値では450Mbpsで通信できるようになりました。
今後も回線の発展に合わせて進化していくことが期待できます。