プロバイダ解約について

プロバイダ解約の流れ

■プロバイダを解約する理由

今回はプロバイダを解約するときの流れについて掲載します。
プロバイダを解約する理由は様々ですが、基本的に2つのタイプが挙げられます。
・他の回線を使用したいから
・引越しをするから

現在、ADSLを使っており、回線速度に不満を感じ光回線に乗り換えたいという人は多いはずです。
また、一人暮らしを始める人や新居に移るという人も含まれます。
たまにキャッシュバックが目的で解約をしようとする人がいるのですが、あまりお勧めしません。
基本的にキャッシュバックの対象となるのは回線の開通工事を必要とする場合だけです。
つまり、ADSL回線からADSL回線へと同じ回線間のプロバイダ変更は
キャッシュバックの対象とならない可能性が高いです。
また、プロバイダを変える度に工事をする可能性があるので、
その分、ご自宅を傷つけるリスクがあります。

過度のプロバイダの変更は注意が必要です。


■主要プロバイダの支払方法まとめ

さて、プロバイダを解約する流れですが、まずはプロバイダ業者に解約の問い合わせをします。
ここで気を付けなければならないのは、あくまでもプロバイダとの解約ということです。
通常、プロバイダと契約をしている場合は回線事業者とも契約しています。
よって、回線事業者の解約もしたい場合は別途に解約手続きをする必要がありますので注意をしてください。
放って置くとインターネットを利用していないのにも関わらず、
回線の利用料金を支払うことになります。


解約の問い合わせですが基本的には会員サポートページまたは電話で解約申請する事となります。
その後に別途で書類等で申請する場合もあります。
電話番号などは各プロバイダのホームページでご確認してください。

なお、契約の状態にもよりますが違約金を払う場合もありますのでよくご確認をしてください。
プロバイダによって解約や退会の仕方や期間は異なるので、
より詳細を知るにはサポートで確かめるのが良いでしょう。

申請後はプロバイダにもよりますが、
機器をレンタルしている場合は原則として自分で取り外してプロバイダに送り返す必要があります。
返送の方法は解約の問い合わせの際に指定されるはずです。

新しくプロバイダを契約する際は解約日に合わせて、
契約をすればスムーズに続けてインターネットを使用することができます。
プロバイダの契約の流れなどはこちらのページでご確認してください。
>> インターネットが利用できるまでの流れについて