子供に害のあるサイトをから守るには?

有害サイトはフィルタリングでブロック

■フィルタリングについて

家族でインターネットを共用で利用するにあたって気になることと言えば、
お子さんがどんなWEBサイトをみているかということですよね。
親からしたら有害なサイトは子供に見せたくないという気持ちが強いはず。
でも、どういう対策すれば良いか分からないという方も多いかと存じます。

だから、今回は子供を有害サイトから守る方法について掲載します。

 

現状で最も有効な手立てと言えば「フィルタリング」です。
フィルタリングを簡単に説明するなら、
ある一定の条件に引っかかるものは一切閲覧できないように全て遮断するというツールです。

その条件というのはサイトに掲載されている内容だったり、
閲覧している時間だったりと様々な角度から設定できます。

 

また、フィルタリングはお子さんを有害サイトの脅威から守る以外にも有益な効果があります。
一昔前までは、パソコンウィルス感染の経路は主にメールでしたが、
今ではWEBサイトからの感染もかなり多くなっています。

そういったサイトはアクセスするだけでウィルス感染していまいます。
誤って危険なサイトにアクセスしないためにフィルタリングを導入する人もいるようです。
ですので、セキュリティとしての観点からもフィルタリングはお勧めです。

 

■フィルタリングを導入にあたって

ただ、偏にフィルタリングといっても色んな会社が独自な商品を出しています。
例えば、プロバイダが提供しているセキュリティソフトにフィルタリング機能が付属されていたり、
単体で発売されていたりとそのタイプは様々です。
だから、いざ導入しようとしてもどれにすればいいか分からないという疑問を持つ方もいると思います。

といっても、正直なところフィルタリングソフトは会社毎の細かい差異はありますが、大きな部分では違いはありませんのでどのソフトを使っても大丈夫です。

 

どうしてもお困りという方はお使いのプロバイダのフィルタリングサービスを利用してみてはどうでしょうか?
基本的にどのプロバイダも月額210円から500円程度でフィルタリングオプションを提供しています。
(例:ASAHIネットの場合は月額210円)

リーズナブルで、かつ、プロバイダの月額使用料とまとめて支払えるのでとてもお得で便利です。
導入方法もマニュアルがあったりと、とても簡単に設定できます。
是非、導入を検討してみてはどうでしょうか?

子供に害のあるサイトを見せないようにするには? の関連記事

損しないプロバイダの選び方

プロバイダのオプション