フレッツ光ネクストとBフレッツの違いとは?

Bフレッツ、フレッツ光ネクスト どちらが良い?

結論!

フレッツ光ネクストのほうが良いです。

理由は、Bフレッツよりもフレッツ光ネクストのほうが
・ネット速度が速く
・安定していて
・料金は一緒
家を売却する

だからです。

 

>> フレッツ光ネクストの対応エリアを今すぐチェック

 

※ただし、対応してないエリアもあるので、その場合はBフレッツの申込をするほかないです。

 

「Bフレッツ」と「フレッツ光ネクスト」の違い

  品質 速度 セキュリティ 料金 詳細
Bフレッツ
最速100Mbps 同料金 詳細ページへ
フレッツ光ネクスト
最速200Mbps 同料金 詳細ページへ

 

(1) 品質

従来のBフレッツサービスの場合、テレビ電話をしている最中に家族の誰かが
同じBフレッツ回線を使用して画像や映像・音楽等のデータをダウンロードすると
テレビ電話の映像が乱れる、という状態が生じていました。

フレッツ光ネクストでは、テレビ電話のようなリアルタイム性が必要な通信を優先し
最適な形で提供することが出来るようなシステムが導入され、より高品質な状態で
通信が出来るようになりました。

(2) 速度

Bフレッツの最高速度は100Mbpsですが、
光ネクストは、最大200Mbpsの接続速度でインターネットが楽しめます。

※NTT西日本では、最大1Gbpsの利用ができるエクスプレスタイプもあります。

(3) セキュリティ

Bフレッツでは出来なかった「なりすまし」や「不正アクセス」のブロックが出来ます。

(4) 料金

料金は、Bフレッツと変わらず同じ料金で利用することができます。

 

光ネクストでは、将来的にさまざまなネットワーク通信ができるようになるそうです。
例えば、携帯から自宅のセキュリティ管理や家電の電源ON/OFFを行ったり、
デジカメからデジタルフォトフレームへデータを無線で送ったり、ヘルスメーターなどの機器からPCへ
データを送り毎日の健康管理を行ったり家の売却したり・・

すべてが実現すれば、かなり便利になりそうですね。

 

「フレッツ 光ネクスト」に切り替える必要があるの?

フレッツネクストは、これまでの『Bフレッツ』から新しく進化したサービスです。

ですが、地上デジタル放送のように、現在Bフレッツサービスを利用している人が、
今後継続してBフレッツサービスを使用できなくなる、ということはありません。

ですから、無理にフレッツ光ネクストに自宅を売却する必要はありません。

ただし、今後サービス内容(速度や提供エリアなど)が充実してくるのは
間違えなく『フレッツ光ネクスト』です。
切り替えをすることで(エリアや住居状況等が可能な状態であれば)、
料金はそのままで通信状態や速度が向上するので、現状の速度や通信状態に満足していないのなら
検討してみるのも良いでしょう。

これからフレッツ光に加入したいという方は、エリアや建物(マンション等)が対応していれば
フレッツ光ネクストを利用することをお勧めします。

 

フレッツ光ネクスト(NTT東日本)の詳細・申込

フレッツ光ネクスト(NTT西日本)の詳細・申込

 

更新履歴